TOP
66.74score

デグラー

初心者には少しわかりづらい「使用残高」「リミット」など。Zaifの取引画面を説明します。

Zaifで口座開設し、取引をやりはじめて暫く経過したのですが、はじめはZaifの取引画面の使い方が少しわかりづらかったです。
そこでZaifでの口座開設→取引を検討してる人の為に取引画面について詳細を説明しようと思います。

まずZaifの取引画面がこちら。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


①は見ての通りチャートがあります。
青いリンクで「チャート」があり、クリックすると長期チャートなどの細かいチャートを見れます。

②ここは注文を入力する場所です。
買いと売りがタブで切り替わるようになっています。更にその上部には、BTC/JPY MONA/JPY MONA/BTCという通貨間のタブがあります。
それぞれのタブの右に表示されている通貨を原資に取引すると思っていただければOKです。

③ここは板情報(気配値)です。
リアルタイム更新で動いてます。

④ここが少し気が付きにくいのですが、過去の注文情報はチャットが表示されている上部の「注文と履歴」タブをクリックすると表示されます。

更に注文画面の説明をしていきます。
ここにある「使用残高」という表示があります。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


これはアカウント情報の上部に表示されている、それぞれの通貨の残高を何%使うか?という機能です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

100%ならもちろん全額、50%なら半額、と簡単に指定が出来るようになってます。
仮想通貨は小数点以下の数字が何桁にもなることが多いので、この機能がついているのだと思われます。

次いで、リミットの説明です。
これも初めはわかりにくい表現でした。Zaifのヘルプで確認したのですがリミットは逆指値注文のことです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

この画像の場合を説明しますと、下記のようになります。
モナコインを「0.00016465」の指値
買う量は自分の持っているBTC全残高(使用残高100%)
リミット売り「0.00016500」の指値

このリミット売りを指定しておいた場合、モナコインの「買い注文が約定」した分だけ、リミット売りの指値で「売り注文」を出します。
リミット注文を出しておくことで、自分の指定した指値より良い条件になった時(上記の場合値上がりしたとき)自動的に売りの取引をしますので利益を出すことができるというわけですね。

自分がZaifで取引をしてわかりにくかった部分を元に取引画面を説明してみました。
他のZaifユーザーの参考になれば嬉しいです。

.

最終更新日:2016-03-31 17:35

コメント (0)